証券会社の新人が飛び込み営業でやってきた時の親父の対応

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

よう、社畜の諸君!

外回り営業ご苦労である。

さてその外回り営業でも最もきついのが、全く何のツテもコネも無い見知らぬ会社や個人宅への飛び込みと言われる営業である。

飛び込み営業に来た人に対する適切な断り方U-NOTE [ユーノート] @u_noteさんから

これは主に新人営業マンに度胸を付けさせる、と言えばまだ聞こえはいいが、これは一種の奴隷育成システムの1つだ。

イッパの実家は親父が従業員5名程度の小さな会社を経営している。

イッパが野暮用で実家に帰っていたとき、自宅兼事務所に某証券会社の営業を名乗る営業マンがやってきた。

親父に取り次ぐと

「○○証券、新米営業の××と申します。是非ともお話を聞いていただきたいので少しのお時間頂けないでしょうか!!」

と名刺を差し出しながら事務所中に響き渡る大きな声で挨拶した。

親父はひと言「今忙しい」とあっさり断った。

新人営業くんも

「ありがとうございます!それでは社長様のお名刺を頂けませんでしょうか!」

と食い下がったが

「今切らしてる」

と今度は相手の目も見ずにあしらった。

それを目の当たりにして、さすがイッパの親父!厳しいなあと思った。

文章に起こすと何でもない普通の対応に思えるが、人の良いイッパならそうはいかない。

「いやあ、すまないね。いまこれからちょっと忙しくてね。また今度にしてよ」

「名刺?あ、うーん……はいどうぞ」(渋々)

お愛想でこれぐらいのことはしたと思う。

たいしたことないとかもしれないが、こういう若さ故の甘さがわずかでもあるとグイグイつけこまれるんだろうなあ。

「バブル時代とか結構いたけどな。今もたまにだけどああいう営業が来るんや。相手にしとったら切りがない」

やっぱり親父は人生の場数を踏んだ大人だった。

ちょっとおそくなったが5月の収支まとめです。

アダルトDTI $106.25 =約11,687円(1$=110円)

アダルトA $58.14 =約6,395円(1$=110円)

アダルトB 25,242円

DMM 5,000円

アド(1)社 7,670円

アド(2)社 12,556円

アド(6)社 15,825円

アド(11)社 141,112円

アド(12)社 59,396円

アド(13)社 10,824円

小計 295,707円

レギュラーa 2万7000円

レギュラーb 2万円

レギュラーc 1万円

合計 352,707円

この程度じゃ証券会社の営業が来ても、出資するほど金は無いわ。

もっと頑張ろうと心にちかうイッパであったw

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
google Ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google Ad