【メルカリ】現金10万円が12万円で売られているネットフリマ

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

よう、社畜の諸君!

ネットフリーマーケットメルカリで現金が売られているのは知ってるか?

10万円の現金を12万円ぐらいで売っているのだ。

最初は「はぁ?」と思ったがすぐに理屈はわかった。

クレジットカードのショッピング枠の現金化だ。

今まであった現金化というのは、ショッピング枠で物を購入(したことにする)してその物をすぐに売ることだった。

例えばヨドバシなどでカードで購入した13万の新品のノートパソコンを、ヤフオクで10万現金のみ即決で出品するのだ。

家電量販店で使ったカードの支払いは2ヶ月先。ヤフオクからの入金は現金即決。

いわゆる自転車操業状態だがやってる方は必死だし、買う方は安く購入出来るのでWinWinの関係なのだ。

ネットではこういう自転車操業状態の転売屋はチャリンカーと呼ばれている。

そしてヤフオクの家電カテゴリでは今もそれが横行している。

実はイッパが使っているMacBookもチャリンカーから購入したw

メルカリではそれが露骨になって現金をクレジットカードで買うというものだ。

メルカリ側もさすがにマズいと思い、数日前に現金の売買は禁止となったが、今度はそれがSuicaなどの電子マネーカードになり、それもダメならととうとうパチンコの特殊景品になった。

こんなことして大丈夫なのかと思うが法律的にはギリギリセーフ(?)ということらしい。

よくこんなことが思いつくなあと感心する。

しかしイッパに言わせると売る方もバカだなあと思ってしまう。

まずテレビやマスコミのニュースでは10万円が14万円と書いてあるがこれは話が盛ってあって本当はせいぜい2割程度の値段しかつかないということだ。

つまり10万円が12万円。これが実際の相場なのだ。

さらに10万円の現金を12万円で売ったとしても10%の手数料をメルカリに取られる。

他にも振り込み手数料やら何やらでまだ数百円引かれる。

10万円の現金を売っても利益は数千円

これが現実。

しかも出品者側にはクレジット会社から振り込まれるのは数日後ということになる。

もしその間にカード会社から規約違反としてカードを止められたらと思うと、とてもじゃないがこんなこと怖くて出来んわ。

では4月23日(日)の売上げです

アド(1)社 235円

アド(2)社 422円

アド(6)社 466円

アド(11)社 2,001円

アド(12)社 2,181円

アド(13)社 141円

ざっくり合計 5,446円

むむむ、おれもメルカリでパチンコ景品売ろうかな……

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
google Ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google Ad